相続税法を細部まで理解している税理士が担当します

はじめに

はじめに

みなさん、相続について考えてみたことはありますか?

一般の人が相続というものを経験するのは、一生のうちで多くても4回でしょうか?
(自分の両親と配偶者の両親が亡くなった場合に経験すると考える)

つまり相続というものはめったに経験することがないので、いざそうなった場合にどうすれば良いか分からないことだらけです。

「自分の両親は相続税が課税されるほど財産がないから相続なんて関係ない」と思ってはいませんか?確かに相続税については関係ないかもしれません。

しかし相続については関係があります。
  
例えば相続人が配偶者及び子供が2人で、父親が自宅及びその土地を保有している場合、
たしかによっぽどの豪邸でなければ相続税については課税されません。

しかし自宅及び土地についてはどのように遺産分割をするか考えなければなりません。
誰か一人が所有するのか、分割してしまうのか、共有にするのか、現金に換金して分けるのか、意見が一致しなければトラブルに発生する可能性もあります。

データによりますと相続に関してトラブルが起こるのは、相続財産が200万円~500万円の場合が一番多いみたいです。

また、長男が被相続人と同居をしていて、財産がその同居をしている土地及び建物の場合も、トラブルが起こる可能性は非常に大きいです。相続が争族になることが、被相続人(故人)にとって一番悲しいことです。

そうならないためにも、事前に対策を講じておくことが必要です。




神戸西宮相続税対策センター




a:1071 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional